皆様こんにちわ(‘ω’)ノ

職員の柴山です(*‘ω‘ *)

最近すごーく寒くなってきましたね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

雪が散っている日もチラホラ出てきてて布団から出たくなくなってきてる今日この頃体調はどうでしょうか(+_+)

今回のブログの内容はタイトルにもあるように「みたに」にも将来有望な新人職員が二人も入職されました(/・ω・)/

 

1人目は別の業界から介護の道に入ってこられた男性職員です。

年齢は僕よりも遥かに年上ですが、一生懸命学ぼうとされる姿を見て自分も新人だったときの事を思い出し看多機に

来てから初めての事ばかりで自分も一から一緒に学んでいきたいと思います(=゚ω゚)ノ

年長者で様々な経験をされているので話を聞くのも知らないことだらけで話してて面白いんですよ( *´艸`)

 

2人目は介護職員の中では最年少の20台前半の女性職員です。

彼女は老健で経験を積んでこの度来てくださいました☆彡

指導したことはすぐに覚えてくれ利用者様のケアについて色々と意見出したりとしっかり者です(*´ω`*)

僕が同じ年の時に彼女ほどしっかりしてたかと思えるほど(*’ω’*)

利用者様にも孫のように可愛がられながら毎日頑張っています(*^^)v

最年長と最年少が同じ時期に入職してくれてより一層利用者様とにぎやかに楽しく過ごしています(*‘∀‘)

看多機が4月に開所してから早いものでもう令和5年が終わります。

令和6年も利用者様職員共々楽しく笑顔で過ごしていきますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

初めましてみたにの介護職員の馬本です(^-^)

本日10月27日は十三夜です。

皆さん十三夜って知っていますか?

十三夜とは、旧暦の9月13日~14日の夜をいいます。十五夜が中国伝来のあることに対し、十三夜は日本で始まった風習。十五夜では月の神様に豊作を願います。十三夜は稲作の収穫を終える地域も多いことから、秋の収穫に感謝しながら、美しい月を愛でるそうです。

みたにでは秋を感じる十三夜をテーマとして行事を行いました!十三夜と言っていますが行事は昼間にさせていただきました。

椅子やテーブルを施設の外に出して、昼食を外で召し上がっていただきました。今日は天候に恵まれ、外でお食事を食べるには絶好の日和☀

肖像権の問題上、利用者様の顔にモザイク加工を行っています。

日頃お世話になっている食品メーカーのクックデリ様協力の元、外で食事を作り、行事食を提供させていただきました。

本日の行事食事は・月見うどん・鶏の西京焼き・豆の煮物・レンコンの梅おかかマヨサラダでした、副菜はランチボックスに入れて頂き、とてもきれいに飾り付けをして頂きました🍴

利用者様より、「楽しかった」「外で食べたからより一層おいしかった」等の感謝の言葉をいただきとても嬉しかったです( *´艸`)

昼食後は一度フロアに戻っていただき、少しゆっくりしていただいたのちに、施設近隣を散歩しに行きました!

散歩中に「散歩っていいね」「また行きたい」との声をいただき、笑顔もたくさん見受けることができとても良かったです!!!

アクシデントもありましたが無事に今回の行事を行う事ができました。

これからも皆さんの笑顔がたくさんみれる行事を考えて行っていきたいと思います(‘◇’)ゞ

みたにの菅です。9月と言えば敬老の日ですよね!

9月15日は敬老の日でしたが、みたにでは9月27日に敬老会を開催させていただきました。!!!

敬老会では利用者様全員に、人生の長い道のりを乗り越えて今日と言う日を迎えられたこと、

これからも健康で元気に過ごせる事を祈って、表彰状をお渡しさせていただきました。!

皆様とても喜んでくださり、笑顔もたくさん見受けられ、うれしくて涙を流す方も…皆様のお祝いができ、とてもよかったと思う時間でした。

写真は肖像権の問題上、モザイクを掛けさせていただいています。

表彰式が終えて、利用者様にはケーキを食べて頂きました。

ケーキはチョコレートケーキ・抹茶ケーキ・チーズケーキの3種類の中から選んで頂き、好きなケーキを食べて頂き、お祝いさせていただきました。

ケーキを久々に食べたと言う声もあり、「ありがとう」と喜びの声をたくさん聞く事が出来、大変うれしく思いました。!

これからも皆様の健康と長寿をみたに職員一同お祈りしています。

みたにの柴山です(‘ω’)ノ

8月30日はみたにの初めての夏祭りでした(*’ω’*)

夏祭りでは利用者様と職員でたこ焼きの生地作りから、たこ焼きを焼いて出来立てを召し上がって頂き楽しんで頂きました♪

一から自分たちで作ったのでひと際おいしかったと言われていました(*´▽`*)

写真のモザイクは肖像権の関係によりモザイクを掛けさせていただいていますが、利用者様はすごく笑顔で、なによりおいしいのはもちろん、すごく楽しかったとお声を頂きとてもうれしく思いました(*´ω`*)

午後のおやつには氷を削りかき氷🍧を作りました(^^♪ 利用者様個々で好きなシロップを選んでいただき、ご自身で作ったかき氷を食べて真夏日の暑さを皆様で飛ばしました❢

9月も残暑が続く予報がニュースで報道されていますが、暑さに負けずに楽しく笑顔で過ごして頂けるよう、利用者様が楽しいイベントを考えていきたいと思っています(^o^)丿

みたにの主任の菅です。今年の土用の丑の日は昨日の7月30日でしたね!

なぜ土用の丑の日と呼ばれているのか?なぜウナギを食べるか知っていますか?

土用の丑はそのままなのです。夏の土用の期間にある丑の日の事なのですが、ウナギを食べる習慣は江戸時代後半から日本に暑さに対する滋養強壮としてウナギを食していたので現代でも習慣として根付いています。江戸時代後半前では「う」の付くものを食べる習慣があり、瓜やうどんが食されていたそうですよ!

皆様もウナギを食されましたか?

みたにの土用の丑の日の昼食は、穴子丼・豆乳がんもの含め煮・おくらとろろ・味噌汁でした。

うなぎじゃないんかい!と思われたかと思いますが、穴子とうなぎは脂質以外のほとんど栄養素は変わりなく、穴子の方が脂質が少ない為、最後まであっさりと食すことができ、丼たれにはとてもマッチングして良いのです。

今年の夏も猛暑日が長らく続くことが予測されていますが、熱中症・脱水症には注意し、しっかりと水分補給をして夏を楽しく過ごしましょう!

初めまして、みたにの職員の柴山です( *´艸`)

7月7日みたにでは七夕祭りを開催させていただきました🎋

写真のポスターが七夕祭りのスケジュールです♬

ポスターには、利用者様がレクリエーションで作成した工作や塗り絵を貼らせていただきました。

地元のスサノオ神社から協力をして頂き竹を頂戴いたしました。

その竹をみたにへ持ち帰り、レクリエーションで利用者様と一緒に作った飾りや短冊の飾り付けをしました。

ところで、なぜ七夕には竹を飾るのでしょうか?

竹は天に向かって真っすぐ伸びていく生命力あふれる姿に厄払いの力があるとされています。

そんな神聖な竹に飾るようになったんですよ~

 

午前中に七夕の音楽を聴きながら15時に食べるおやつを作りました。

おやつは、レアチーズケーキです♪

とてもおいしそうに召し上がって下さいました。

 

夕方からはあいにくの雨が降ってしまいましたが、皆様の願い事が叶いますように願っています。

 

 

2度目の投稿となりました。看護小規模多機能型居宅介護みたにです。初回も投稿をさせて頂きましたが、2度目の投稿もさせていただく事となりました、介護主任の菅と申します。

 

本日の投稿はみたにの入浴を紹介をさせて頂きます。まずは浴室の紹介です。

大変広々とした浴室です。浴室冷暖房・乾燥を装備しており季節に合った浴室の温度調節が可能となっています。特にヒートショック対策は室温を調節することで予防できます。

 

では一般個浴の紹介です。

最初の写真に写っている浴槽です。手すりの位置が変わっていることにお気づきでしょうか?実は浴槽についている手すりは状況に応じて取り付け外しし、場所を変更することが可能となっています。浴槽への出入りは一番最初の写真のように手すりを設置し、入浴中は2枚目の写真のように取り付けてつかめるようにすることでより安全に入浴する事ができます。個浴には他にも、バスボート・突っ張り板・浸水型浴槽滑り止めマット、浴槽内椅子の装備品があり、これら全て取り付け外し可能となっており、必要に応じて取り外しを行い安全な入浴環境を整えています。

 

続いてはリフト浴の紹介です。

なんと!!!個浴の後ろに機械が隠れています。写真のように扉を開けると機械が出てきリフト浴に変身します。浴槽を跨げない方でもみたにでは安全に入浴を楽しむことができます。上記の写真は椅子が浴槽内に沈んでいませんが、一番下まで椅子を下げると、肩ぐらい(個体差により変動します。)までしっかり入浴できます。

 

まだ入浴方法はあります!

 

なんと!なんとなんと!!みたにでは移動式寝浴用介護浴槽があります。

写真は宿泊屋です!自由自在に浴槽が移動可能な為、どの宿泊部屋にいても湯船を楽しむ事ができます。

 

このようにみたにでは自由な入浴が可能となっており、様々な方に柔軟に対応できる環境を整えています。

いつまでも安心・安全な入浴を提供していけるよう努めていきます。

初めまして看護小規模多機能型居宅介護 みたに と申します。

この度は4月1日に看護小規模多機能型居宅介護施設を開設いたしました。

みたにの外観は下記の写真です。

中に入るとフロアがございます。

看護小規模多機能居宅介護とは?

訪問介護・訪問看護・通所・宿泊を一体的に利用できる施設となっています。

みたにでは最大登録者29名、1日の最大通所数18名、1日の最大宿泊者数9名もちろんですが、個室を9部屋準備させていただいています。

これから、沢山の利用者様に快適にご利用いただけるよう、より良い環境作りをさせていただきます。

今後も施設の紹介をさせていただきますので見て頂けると幸いです。